ヘッド・アンド・ショルダー(Head and shoulders)

左図は上げ相場におけるヘッド・アンド・ショルダー。チャートの形状がちょうど人の上半身のように、頭を中心として左右に肩が並んでいる様子からこう名付けられたのだろう。相場にしばしば出現するパターンである。頭部のてっぺんから引いた垂直線で左右対称になれば理想的だが、現実にはそのような綺麗なチャートにはなかなかお目にかかれない。図に示したようにネックラインがブレイクされたあと、その線から上にはみ出したのと同じ値幅分だけ相場が下落すると期待できる。 とある研究(確かFRBだったと記憶しているが)によると、数あるチャートパターンの中でヘッド・アンド・ショルダーが最も信頼できる、つまりよく当たるフォーメーションとされている。 [実例] 左図は 1991年 3月初旬から 1992年 2月下旬まで,ドル・マルクの動きを週足で表したものだが,ネックラインより上でヘッド・アンド・ショルダーが観察できよう。相場がつけた高値(頭の部分)はネックラインから約 1500ポイント(0.15)離れている。ヘッド・アンド・ショルダーが完成されたあと,則ちネックラインを破ってから図のように 1500ポイント下げた 1.55まで相場が下落すると期待できる。実際にはターゲットを行き過ぎたレベルで相場が下げ止まったが,ほぼ計算通りの動きをしている点に注目。 また,相場がネックラインを切ったあと一旦戻りかけたがネックラインに押さえられている(●印)ところにも注目して欲しい。   [ ベストフォレックスブローカー Best Forex Broker ]     株・FXに今すぐ活かせる チャートの読み方・使い方 – 天井圏でのチャート・パターン – 天井圏でのチャート・パターン 今が天井かどうかを探るには?   投資の理想は、「底値で買って、天井で売る」につきます。 とはいっても、「今が大底だ」とか「今まさに天井だ」と意識して的中させるのは至難のワザ。チャートを分析すれば天井や大底が当てられるものでもありません。 ただ、「今が天井かもしれない」「底値圏かもしれない」という可能性を探ることはできます。そもそも、「天井」とは、「それ以後、高い値段がつくことはなかった」という水準のこと。そして、そこから価格が下がっていくと、「あぁ、ここが天井だった」ということが確定します。 … Continue reading ヘッド・アンド・ショルダー(Head and shoulders)